計画性を持って借り入れをしよう

ローンとは、端的な言い方をすると借金である。たいていの場合は銀行からの借金が多い。消費者金融会社からお金を借りる事も有る。

借金をするという事は、少なくとも返済をする義務が有る。このため、銀行などではローン希望者が返済能力があるか否かを審査する。

例えば勤務先。ローンを組むためには申込書などを記載するのだが、申込書に記載した職場で本当に働いているか否かを電話や書類などで確認する事が多い。

ところで、ローン希望者はプライバシーを保護を希望しているケースが圧倒的に多い。もし家族が「ローンを組みたい」と言ってきたら、抵抗を覚える人も多い。このため、銀行や消費者金融などはローン希望者がローンを申し込んだ事実が第3者に漏れないように配慮をする事が多い。

返済能力が有ると判断されたら、ローン希望者の口座に振込みなどをしてローンが実行されることになる。さて、返済の義務があるのだが、借り入れ期間によっては利息が付くことも有る。10万円借りて1年間支払った結果の総合支払額が12万円なら、2万円が利息という事になる。利息軽減のためには、早期完済が望ましい。一括返済がベストなのだが、現実的にはなかなか厳しいかもしれない。「ご利用は計画的に」と言われるが、無理がない返済計画は必須と言えよう。